▼車整備▼
■KURUMANIAについて

このサイトを参考にしたDIY作業については、全て自己責任でお願いします。当方では、如何なる場合でも、その結果についての責任を負いかねます。


■リンクについて


当サイトはリンクフリーです。ご報告等は不要ですので、ご自由にリンク下さい。
尚、リンクの際には、こちらのバナーお使い下さい。

banner



■リンク

■おすすめサイト


 KURUMANIA TOP>車整備>タイヤ・エアフィルター
 

タイヤ空気圧調整

運転免許の教習場でもこの車の空気圧の点検などは教えてもらう項目かもしれませんが、実際には、免許を取って車に乗っていたらついつい空気圧の点検を忘れてしまいがちです。自転車に乗っていてもそうなのですが、タイヤの空気が少ないと意外に走行にも影響を与えてしまう原因になります。気持ちよく走っていたのに、何故かいつもと違う感覚だなと思ったり、かぜか反応が遅いと言った事がありますそうなってしまうと走りに影響してしまいます、また空気が少ないと感じているのにそのまま走行してたらタイヤがバーストしてしまって、、、と言った事もあるかもしれません。そうなってしまうと大きな事故の可能性も出てきますので、注意しましょう。


タイヤの空気圧のチェックをする場合には、一つ見ておきたいポイントがありますそれは、タイヤにどのくらいの空気尾w入れれば良いのかと言うことです。タイヤと言っても粗の種類は実に様々ですし、大きさや太さも違います、そんなタイヤに同じ量の空気を入れたとしても、小さいタイヤなら空気を入れすぎ、大きなタイヤなら空気が空くな過ぎと言った事になってしまう場合もあります。そうなってしまうと一定の量がハイら内のでタイヤの大きさだけで決まってしまうと言うような事になりかねません。そこでタイヤの空気圧を見る時には運転席側のドアを開けて見るとシートとドアあ合ったところ付近にタイヤの空気圧が書かれたシールが あるかと思いますので、それを確認しておきましょう。それに空気圧の前輪何キロ、後輪何キロと言った用に数字が書かれていると思います。この数字を元にして空気を入れましょう。しかしタイヤを違うサイズなどに交換している場合などにはこのシールはあてにならない尾場合がありますので、そういう時には注意しておきましょう。

またこの空気圧を変えるだけでも走行に影響がでて燃費が良くなったりもします。この場合には基準よりも少しだけ多く空気を入れると良いような感じがしますが、それは感覚かもしれませんので、自分でどのくらい空気を入れると良いのかを探ってみるといいかと思います。

この空気圧のチェックをしていてタイヤに空気を俺rう時にはついでにスペアタイヤの空気圧のチェックと空気も入れておくといいかもしれません。そうすればいざスペアタイヤを使用すると言った時にスペアが使い物にならない何て状態を防ぐことが出来ます。またこの作業自体はガソリンスタンドなどでも行えると思いますので、ガソリンを入れるついでに確認点検しても良いかと思います。

"

pickup

Last update:2018/2/15

---------- ----------

 

Copyright (C) 2008 KURUMANIA. All Rights Reserved.