▼車整備▼
■KURUMANIAについて

このサイトを参考にしたDIY作業については、全て自己責任でお願いします。当方では、如何なる場合でも、その結果についての責任を負いかねます。


■リンクについて


当サイトはリンクフリーです。ご報告等は不要ですので、ご自由にリンク下さい。
尚、リンクの際には、こちらのバナーお使い下さい。

banner



■リンク

■おすすめサイト


 KURUMANIA TOP>車整備>エンジン冷却水(LLC)の補充と交換
 

エンジン冷却水(LLC)の補充と交換

車はエンジンで走ります。人間の体もそうなのですが、走っていると体が熱くなって来ます。エンジンも長時間走ったりするとその動作のが発する熱によって熱をもって熱くなります。

そうなってしまうとかなりエンジンが熱くなってしまいますそうならないためにエンジンの中を循環するエンジン冷却水(LLC)と言うのが必要になってきます。このエンジン冷却水がエンジンの内部を循環して中にこもった熱を冷却してくれたりするという風になっている用です。こういった熱の冷却をしてくれているのです。

また腐食帽子剤というので寒く雪が降って水などが凍ってしまうような地方で、エンジン冷却水がこおって仕舞うのを防いで至りするのです。

このエンジン冷却水も恩人オイルと同様に長く同じモノを使用していると、その性能は落ちてきてしまい新しいモノと比べるとその効果は劣ってしまうようです。

そんな古い冷却水をずっと使用していると、これが原因となってエンジン内に不具合が出てしまう場合もあるという事なので、しっかりとチャックしておく事が大事では無いかと思います。そうなってしまう前に点検しておく事で意外な出費を抑えて快適に車でのドライブライフを楽しむことが出来ます。

エンジン冷却水(LLC)の補充

最初はエンジン冷却水の補充の方法から見ていきたいと思います。準備するモノはもちろん補充のための冷却水と、おきまりの手袋です。また冷却水を入れやすい用にろうと等を用意しておいたら使う可もしれませんね。

準備は大切です。準備が済んだら、ラジエータキャップを見つけてからエンジン冷却水を入れる場所を探します。この場所は車のメーカーや車種などによっても違って来るとおもいますので、それぞれの場所を探しましょう。ネットなどでも車種によっては、こういった場所を説明しているホームページもあるかと思いますので、探してみると良いかとおみます。そんなタンクを見つけたら、エンジン冷却水を補充していきましょう。

こぼさない用にゆっくりとそして確実に入れていきます。この時に補充のための液は全部入れなくてもタンクのFULLと書いてある所があるとおもいますので、そこまで液が行けば全部入れなくても良いでしょう。

補充が済んだら、元に戻して終了です。この場所がわからない時には、適当にここだろうといってエンジン冷却水の補充をするのでは無く、工場やガソリンスタンドなどで確認してから補充すると確実で良いかと思います。

この液の補充や点検は6ヶ月事に行えば良いかと思います。何か他の部分を点検するときにでもついでに一緒に点検しておけば良いかと思います。

エンジンは人間の心臓と同じです。しっかりとしたメンテナンスが必要になります!!
もしメンテナンスを怠ったら…思わぬ事故に合うかもしれません。事故遭ったらあなたは病院、車は廃車です。怪我も廃車も嫌ですよね。
なので、点検や整備はしっかり行いましょう!!それでも完全に防ぐことができない交通事故に備えて、自動車保険の加入や廃車業者をあらかじめリサーチしておくことをオススメします!!

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2018/5/18

 

Copyright (C) 2008 KURUMANIA. All Rights Reserved.