▼車整備▼
■KURUMANIAについて

このサイトを参考にしたDIY作業については、全て自己責任でお願いします。当方では、如何なる場合でも、その結果についての責任を負いかねます。


■リンクについて


当サイトはリンクフリーです。ご報告等は不要ですので、ご自由にリンク下さい。
尚、リンクの際には、こちらのバナーお使い下さい。

banner



■リンク

■おすすめサイト


 KURUMANIA TOP>車整備>ブレーキパッド交換
 

フロント・リア ブレーキパッド交換

自転車でもオートバイでも、車でも動いているモノならついてい無いと大変な事になるのがブレーキです。これが無いと急な下り坂を走る事が出来ませんし、全くスピードをだすことが出来ません。スピードが出せても止まることが出来ないので、多分どこにも行けないでしょう。

そんなモノに乗るような人はいないと思いますが、車の点検をする場合には結構大事なポイントになってきます。個のブレーキが十分にきいていなかったせいで、事故をおこいしてしまい、ブレーキの修理代よりも何倍も何十倍も高い修理」代を出さなければいけなくなったり。燃しまして人身事故などを起こしてしまったら。後悔だけが残ります。あのときブレーキさえなおしていれば、と思わないためにも、今すぐにブレーキの点検をしておくと良いでしょう。


ブレーキの点検に関しましても、軍手などがあれば手も汚れずに済み増すし、タオルなども準備しておくと良い価値尾思います。またこういった車の修理や、点検などする場合には、レンチなどを十尾しておくと良いでしょう。こういったモノはホーmy鵜センターにあるかと思いますので、確認しておくと良いでしょう。この他には、ブレーキがすり減っていた場合のパッドなどもあるとスズに交換gで来て良いでしょう。

では実際に見てみる場合には、車をジャッキアップするところから始まります。ジャッキで車を上げます。この時の注意しておきたいことは、出来るだけ平らな場所でs作ぎょをお粉yという事です。車の下に潜り根で作業を品けれ名ならない場合に、ジャッキが倒れて車の下敷きになって仕舞っては、すぐに助ける事は出来ませんし、大けがをsiteしkまいsます。

事故を起こさないための点検作業で事故を起こしてしまっては元も個もありませんので、出来るだけ平らな場所で、しっかりとぐらぐらしないようにジャッキを取り付けるようにしておきましょう。層留守事で安心して作業をお個ナウ事が出来真s、ジャッキでしっかりと車をあげたら、次は、レンチや専用の工具を使って、タイヤを外して行きます。この時も焦って仕舞わずに一つ一つ学実にぼるとを取り外して行きましょう。

ボルトを外したら、ブレーキ尾w点検します。

点検して以上が無いようでしたら、良いのですが、以上があるようでしたら、ブレーキパッドの交換や以上箇所の点検・交換を行います。この時の点検方法や交換方法などは、事前にしっかりと確認しておくとスムーズに作業を行う事が出来るでしょう。

作業が終わったら、タイヤを取り付けます。この時も一本一本しっかりとぼるとを取り付けて、からジャッキを取り外して車を降ろして点検交換作業終了です。

交換時期とては車に以上が出る前に行いと良いでしょう。

recommend

屋形船を東京で探す

2018/2/15 更新

 

Copyright (C) 2008 KURUMANIA. All Rights Reserved.