▼車整備▼
■KURUMANIAについて

このサイトを参考にしたDIY作業については、全て自己責任でお願いします。当方では、如何なる場合でも、その結果についての責任を負いかねます。


■リンクについて


当サイトはリンクフリーです。ご報告等は不要ですので、ご自由にリンク下さい。
尚、リンクの際には、こちらのバナーお使い下さい。

banner



■リンク

■おすすめサイト


 KURUMANIA TOP>車整備>バッテリー点検・液補充・交換
 

バッテリー点検

車の中でも結構大事なポイントなのがこのバッテリーです。これがダメになって仕舞うとエンジンがかからなかったりライトがつかなくて、車が走るのに支障を来してしまいます。良くスーパーの駐車場なんかでライトを付けっぱなしにして駐車してある車を見かけたりしますよね。あれを見かけたら、スーパーの人なんかにすぐに連絡してあげた方が良いかもしれません。買い物から帰って来て車のエンジンがかからない何て事になったらかなり悲しいですし、もし自分がそうなって仕舞った場合に誰か教えてくれたら良かったのにと思うでしょうから、優しさを見せて店員にでも教えてあげましょう。

そして自分の車は、こういった場所で止まって仕舞わない用にしっかりと日常点検をしておくと良いかと思います、しかしエンジンも全く空けないような人の場合には、どこを触って良いのかわかりませんから、バッテリー点検のポイントおw見てみましょう。

■バッテリー点検で必要になる道具・モノ
バッテリーの点検に必要なモノはこれと言ってないようですが、汚れるのが嫌な人は手袋や軍手を準備します。またタオルなどを準備しておくとすぐに手を拭く事が出来ますので便利かもしれません。

また点検意外にバッテリーを交換するという場合には、交換用のバッテリーも準備しておくと良いでしょう。 バッテリーの駅の補充だけをすると言う方はバッテリー液を準備しておきましょう。

バッテリー液補充

■作業内容
点検としては、バッテリを出来るだけ水平な感じにして、バッテリー液が水平になるようにしてラインを探します。そしてFULLというラインを見つけたらそのラインからどのくらいの位置にバッテリー液が入っているかを確認します。この時に少ないようであれば、バッテリーを空けてからバッテリー液を補充しましょう。この時にバッテリー液が目に入らない用に最新の注意をはらって下さい。失明するかもしれません。また手にバッテリー液がついた時も粗も手で目を擦らないようにしましょう。大変危険です。

バッテリー液の補充が済んだらふたを閉めて補充完了です。

点検の期間としましては3ヶ月から7ヶ月ぐらいで確認をしておくと良いかもしれません。

バッテリー交換

交換は十分に気を着けて行いましょう。この時にはレンチやドライバーと言った道具も必要になっていく留場合がありますので、必要に合わせて準備しておく必要がありましす。こういったアイテムが無い場合には、ホームセンターなどに行ってみると工具セットなどがうっていると思いますので、それを購入してもイカもしれません。そのときのついでに交換用の換えのバッテリーも購入しておくと良いかと負いもいます。

作業工程としましては、ボンネットを開ける所から始めます。ボンネットを開けたら、バッテリーを外します。

このバッテリーを外す時にも順番があるようで、これが結構大事なポイントになっているます。バッテリーの交換の前に確認して調べて置いた方が良いでしょう。またバッテリーを取り付ける時にも同じように順番があるかと思いますので、その順番も調べてみると良いかと思います。

このバッテリーも交換の期間はまちまちです。調子が悪くなったなーと思ったときも交換した方が良いかと思いますし。もしそうなっていなくても長い期間、例えば3〜5年ぐらい同じバッテリーを使用している解いたt時には交換しておいた方が良いかもしれません。もし心配な方は、ガソリンスタンドや車やさんなどに見せても良いかと思います。

バッテリーの交換作業もそうですが、全ての点検や整備の不備が事故に繋がります。大切な車が事故に遭って廃車なんて悲しいですよね。
車が廃車になる心配よりも、怪我や命を落とすことが一番心配です。

大事な命・車を廃車にしないためにも、普段から整備や点検に気を配ってください!!
 

Favorite

渋谷の脱毛サロン人気ランキング!

最終更新日:2017/11/13

Copyright (C) 2008 KURUMANIA. All Rights Reserved.